交通事故のタイムリー情報

HOME > 交通事故のタイムリー情報


むち打ち 後遺症認定

▼詳細
■むち打ちでは後遺症認定は無理ですか?
 
 いいえ、後遺症認定になります。
 頚部痛・痺れ・頭痛・めまい・吐き気などの症状が6か月経(症状固定)っても残存していれば後遺傷害に該当する可能性があります。

■頚部痛があるのに後遺症認定になりませんでした。

 過去に交通事故でむち打ちになり、後遺症認定になった場合は、同じ部位では後遺症認定になりません。ただし、違う部位で疼痛があれば後遺症認定の可能性はありますので、検証が必要です。

■むち打ちが後遺障害非該当とされる理由

 骨折であれば骨癒合が得られているか、画像を見れば明らかですが、多くのむち打ちの場合、被害者の自覚症状のみで、客観的に痛みが判断できないからなのです。そのため、治療方法や通院方法が極めて大切といえます。症状が重い場合は、早期にMRI検査をしてもらことも必要ですし、またMRIで異常がなくても医師に症状を真摯に伝え、信頼関係を築くも大切です。


■むち打ちの後遺障害等級

自賠責保険(労災保険も同様)では後遺障害非該当、後遺障害14級9号、後遺障害12級13号の3分類になります。

後遺障害12級13号の認定 
「障害の存在が医学的に証明できるもの」です。
 具体的にX線、CT、MRI等の画像検査による外傷性所見と、ホフマン、トレムナー、ジャクソンテスト、スパークリングテスト、反射検査、知覚テストなどの神経学検査との整合性が証明できたる場合が該当します。

後遺障害14級9号の認定
「医学的に説明可能な場合」
X線、CT、MRI等の画像所見や神経学検査の結果が乏しく、被害者の自覚症状が医学的に説明できる場合が該当します。

・後遺障害非該当

いすれにも該当しない場合です。

■むち打ちのに関する詳しい代表例は脳脊髄液減少症・バレー・リュー症候群・外傷性胸郭出口症候群)のページをご参照下さい。



 

『適正な損害賠償を受けるには正しい後遺障害認定を受ける』
代表の行政書士福島広三と申します。
交通事故での後遺障害異議申し立てに特化した事務所で、医療調査での医師面談を得意としております。後遺症に関することでしたら、お気軽にお声掛け下さい。ご遠方でも出張いたします。

日本全国対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

  • TEL:078-361-7507
  • 【受付】9:00〜19:00
  • 【定休日】土・日・祝
  • 面談は定休日も可能です。(事前のご予約をお願いします。)

交通事故後遺障害.com

交通事故の後遺障害でお困りの方は
交通事故後遺障害相談.comへ
重軽傷問わず後遺障害の事前相談、事後の後遺障害診断書の検証や異議申立を中心に最後まで、
サポートいたします。
〒650-0022
神戸市中央区元町通4-6-20 ライオンズプラザ307号
【TEL】078-361-7507 【FAX】078-361-7506
【電話受付】9:00〜19:00 【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。(事前のご予約をお願いします。)

map拡大MAPはコチラ>>

後遺障害の事なら全国対応いたします。
078-361-7507
遠方の方向けフォーム
ご来訪ご予約フォーム
ご来訪が難しい方でも対応します。

■平成22年4月からのブログが新しくなりました。

■当事務所運営サイトです。
交通事故に関わる広い情報を掲載しております。

注目のキーワード
(後遺障害編) 
むちうち
 14級と12級 異議申し立て 
(損害賠償編)

慰謝料 逸失利益

カンパニー

交通事故後遺障害.com
■運営会社
行政書士 福島法務事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区
元町通4-6-20
ライオンズプラザ307号
【電話番号】078-361-7507
【受付】9:00〜19:00
【定休日】土曜・日曜・祝日
面談は定休日も可能です。
(事前のご予約をお願いします。)

エリア

■対応エリア
兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県など全国対応いたします。